信仰と希望と愛に満ち溢れた葬儀

イースター式典社は関西で最も歴史のあるキリスト教専門の葬儀社です

もしもに備えて

トップ > もしもに備えて

もしもの時は

大切な方が天国へ召される。それはある日突然やって来るかも知れません。
いざご葬儀となったとき喪主をはじめご家族様には、親族や友人・知人への連絡や葬儀の内容の決定など、悲しみの中でも短期間のうちに数多くのやるべきことがあります。
この項目では、もしもの時のために備えておいた方が良い事柄をまとめました。
備えをしておくことは、葬儀がご本人様とご家族様の希望に沿ったものとなり、またご家族様にかかる負担を軽くし、ゆとりのあるお別れと大きな安心へとつながります。
また弊社では、クリスチャンの為のエンディングノートをご用意しております。ご希望の方には代金・送料無料でご郵送いたしますのでお気軽に弊社フリーダイヤル(0120-415-087)にご連絡ください。 この項目とエンディングノートが、証の場の一助となれば幸いです。


  • 写真

    写真

  • 聖句(せいく)と讃美歌

    聖句と讃美歌

  • 略歴

    略歴

  • 衣装

    衣装

  • 連絡先

    連絡先

ご遺影写真の原稿

ご遺影写真は、ご本人様が他の方と一緒に写っているスナップ写真や、スマートフォンやデジタルカメラなどで撮影された画像データからでも作ることができます。また写っているご本人様の顔が、500円硬貨程度の大きさが有ってピントがしっかりと合っていれば、ぼやけずに大きく引き伸ばすことができます。
ご家族皆様で話し合って頂き、ご本人様らしさが感じられる写真をご用意ください。

聖句(せいく)と讃美歌

聖句とは聖書の中の言葉のことで、御言葉(みことば)ともいいます。ご本人様が好んで読む聖句を愛誦聖句(あいしょうせいく)といい、葬儀の中で牧師が聖書を朗読される際や説教をされる際の参考となり、参列者に配られる式次第などに掲載されることもあります。
次に讃美歌とは教会での礼拝や集会などで歌われる神様をたたえる歌のことで、聖歌(せいか)とも呼ばれます。ご本人様が好んで歌う讃美歌を愛唱讃美歌(あいしょうさんびか)といい、葬儀の中で参列者に歌ってもらいたい讃美歌を選ぶ際の参考となります。
どちらもご本人様が教会に記録を残している場合がありますので、牧師にご確認ください。

略歴

略歴とは、ご本人様が生まれてから現在までの経歴についてまとめたものです。葬儀の中で牧師が略歴の紹介をし、また参列者に配られる葬儀の式次第に掲載される事もあります。
略歴の内容は一般的にご本人様の ①生年月日 ②両親の名前と家族構成 ③学歴 ④職歴 ⑤配偶者の名前と結婚年月日 ⑥結婚されてからの家族構成 ⑦趣味、特技、人柄 などとなります。またこれまでの信仰生活や教会での活動内容も紹介されます。

衣装

衣裳とは、ご本人様が召された際にご着用いただく洋服や和服のことです。
衣裳については、キリスト教ではご本人様やご家族様が希望される衣裳をご着用いただけます。
ご本人様の看護や介護をされているスタッフや職員がいらっしゃいましたら、もしもの時にご家族様が用意した衣装をご本人様に着せていただけるのかご確認ください。
またご自宅や教会などのご搬送先にて、お着せ替えやお化粧を含めた湯灌(ゆかん)の手配をすることもできますので、弊社担当者にご相談ください。

連絡先

ご親族やご友人などの葬儀にご参列頂きたい方々の連絡先(フルネーム、電話番号、住所)を関係ごとに整理しリストを作成しておくと、ご連絡をする際になって誰に連絡をしていいのか分からない、ということが無くなります。

また上記以外に、役所に提出する届を記入する際にご本人様や届出人様の本籍、届出人様の判子が必要となります。

キリスト教葬儀のご準備についてのご相談やご質問等がございましたら、弊社までお気軽にお尋ねください。担当者が丁寧にご対応いたしますので、お気軽にお問い合わせから、または弊社フリーダイヤル(0120-415-087)にご連絡ください。お仕事などで忙しく時間が取れないという事でしたら、メールによる回答も可能です。

上にもどる